勉強効率アップ!映像授業に集中できないときの対処法を解説 

映像授業をうまく使って、成績UPを目指したい方におすすめの記事です!

映像授業を受けるときに集中できるか不安という声をよく耳にしますが、最近の映像授業はサービス内容が充実しているため、集中力を高められることが多いです。 

とはいえ、映像授業に集中できないときの対処法を知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 

本記事では、映像授業に集中できないときの対処法について詳しく解説します。 

この記事の目次

映像授業に集中できないときの対処法 7選

映像授業に集中できないときの対処法は以下の通りです。 

  • 誘惑のあるものは遠ざける 
  • 人に見られやすい環境で授業を受ける 
  • 映像授業を受ける環境設備を整える 
  • 学習目標をしっかりと立てる 
  • 映像授業を受けることを習慣化する 
  • カメラをオンにできる学習サービスを選ぶ 
  • レベルに合わせた授業を選ぶ 

それぞれの対処法について、以下で詳しく解説します。 

1. 誘惑のあるものは遠ざける 

1. 誘惑のあるものは遠ざける 

映像授業で集中できない最大の原因となるのは、SNSやインターネットサーフィン、マンガ、雑誌などの誘惑に負けてしまうからです。 

映像授業の休憩中に少し見るだけあればいいのですが、ついつい長時間見てしまうことも多いため、映像授業が終わるまでは誘惑のあるものは遠ざけるといいでしょう。 

とくに自宅で映像授業を受ける場合は誘惑が多いため、自分の部屋ではなくリビングやカフェなどの誘惑の少ない環境で行うことが集中力アップの鍵になります。 

2. 人に見られやすい環境で授業を受ける 

2. 人に見られやすい環境で授業を受ける 

映像授業で集中できない理由のひとつとして、監視されにくくサボっていても注意されないということが挙げられます。 

サボっていても誰にも気づかれないと、サボっても問題ないというメンタルになってしまうため集中力が続かなくなってしまいます。 

そのため、通塾タイプの映像授業の場合は通路付近の席を確保して他の生徒や講師から監視されやすい環境で映像授業を受けること、自宅であればリビングなど家族から監視され安い場所で映像授業を受けることなどが主な対策となります。 

また、授業が終わった後に講師に質問できる環境があるのであれば、「3つ質問する」などと決めてから授業を受けるとより集中できるでしょう。 

3. 映像授業を受ける環境設備を整える 

3. 映像授業を受ける環境設備を整える 

映像授業はモニター・イヤホン(ヘッドフォン)・インターネット環境(Wi-Fi)が必須環境になりますが、これらの環境が悪いと授業に集中できないこともあります。 

モニターの場合は大きすぎず小さすぎずのサイズを選ぶ必要があり、目が疲れる場合は画面の明るさなどを調整することが必要です。

イヤホンは音が聞こえればなんでもいいと勘違いされがちですが、自分にあっていないイヤホンを選んでしまうと耳が痛くなってしまったり、違和感を感じてしまうため、長時間つけていても問題ないイヤホンやヘッドフォンを選ぶことが大切です。 

インターネット環境は見落とされがちですが、映像授業は容量の多い動画を利用するため、ポケットWi-Fiや置くだけタイプのWi-Fiを使用すると途中で動画が止まったり、画質を落として動画が再生されてしまうことがあります。 

映像が乱れると集中力を欠いてしまうため、インターネット環境を整えることは非常に大切です。 

4. 学習目標をしっかりと立てる 

4. 学習目標をしっかりと立てる 

映像授業を受けるときに学習目標をしっかりと立てることは非常に大切です。 

明確な目標に向かって授業を受けることで、なんとなく授業を進めるよりも集中力を保って受けることができます。 

5. 映像授業を受けることを習慣化する 

5. 映像授業を受けることを習慣化する 

集中力に自信がないという方は映像授業を受けることを習慣化することがおすすめです。 人間は習慣化することで自然と取り組むことができます。 

とはいえ、習慣化するためには一般的に1ヶ月〜3ヶ月ほどの期間がかかることが多いため、まずは意識的に毎日映像授業を受けるようにしましょう。 

できたらカレンダーに⭕️をつけるなど、習慣を目に見えるようにするといいですよ!

6. カメラをオンにできる学習サービスを選ぶ 

映像授業を自宅で受ける場合、カメラをオンにできる学習サービスを選ぶことがオススメです。 

カメラをオンしながら映像授業を受けることで、強制的にスマホやタブレットを使用できなくするだけではなく、ほかの受講者が勉強しているのが目に入るため、自分もやらなきゃという気持ちになりやすいです。 

現役東大生・早慶生が直接指導してくれる「スタディコーチ」のオンライン学習コースではカメラをオンにして自習できるサービスがあります。 下記の記事に詳しく解説しています!

あわせて読みたい
スタディコーチのオンライン自習室とは?利用方法やメリット・注意点を解説  本記事ではスタディコーチの自習室について詳しく解説します!  スタディコーチのオンライン自習室は非常に効率的に勉強できると評判の高いサービスですが、意外な...

7. レベルに合わせた授業を選ぶ 

7. レベルに合わせた授業を選ぶ 

映像授業では講義を自分のレベルに合わせて選ぶことができることが多いですが、中にはレベルの合っていない授業を選んでしまったからということが原因で内容が理解できずに集中できないということも多いです。 

そのため、明確に学習レベルが分かっていない場合は、併走して学習プランを組んでくれるサービスを選ぶといいでしょう。 この場合もやはりスタディコーチをお勧めしたいです。豊富なコースと、東大生・早慶生コーチによるサポートがとても心強いです。

自分だけではなかなか判断が難しいので、スタディコーチのように、精通している方に助言をもらうのがお勧めです。

まとめ 

本記事では、映像授業に集中できないときの対処法について詳しく解説しました。 

映像授業は集中できないというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、コロナ禍以降の映像授業サービスは非常に内容が充実しているため、集中できないというネックは解消されているサービスが多いです。 

ぜひ本記事を参考にして集中できる映像授業を選んでみてください。 

あわせて読みたい
【効果倍増】効率良く勉強するために!映像授業のデメリットの解決する方法を紹介 現在映像授業を利用されている方や、映像授業を検討している方におすすめの記事です! 映像授業についてこのような悩みはありませんか? 「やっぱり映像授業にはデメリ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事の目次