【効果倍増】効率良く勉強するために!映像授業のデメリットの解決する方法を紹介

現在映像授業を利用されている方や、映像授業を検討している方におすすめの記事です!

映像授業についてこのような悩みはありませんか?

映像授業についてこのような悩みはありませんか?

「やっぱり映像授業にはデメリットがある?」

「映像授業のデメリットを解決したい」

「映像授業を効果的に受けるためには?」

学習塾を大きく分けると対面授業と映像授業になりますが、それぞれのメリット・デメリットがあります。

とはいえ、映像授業のデメリットの部分は放っておくと学習効率に大きな悪影響を及ぼす可能性があるため、しっかりとした解決策を知っておくことが大切です。本記事では、映像授業のデメリットと効果的に勉強するための解決策について詳しく解説します。

この記事の目次

映像授業の主なデメリット

映像授業

映像授業の主なデメリット映像授業の主なデメリットは以下の通りです。

  • 緊張感を持つことが難しい
  • 自主的に勉強する姿勢を持つ必要がある

学習塾として映像授業は対面授業と同じくらい主流となりましたが、対面授業とは異なるデメリットがあるため、しっかりとデメリットの解決策を知っておくことが大切です。デメリットを放置したまま映像授業を受けてしまうと、思ってたような成果が得られなかったり、まったく意味のない時間を過ごしてしまったと後悔につながることも珍しくありません。

映像授業のデメリットの解決策

映像授業のデメリットの解決策は以下の通りです。

  • 映像授業を受ける習慣を付ける
  • 何度も同じ映像授業を見る
  • 疑問点を質問できる環境を作る
  • スマホを近くに置いておかない

それぞれの解決策について、以下で詳しく解説します。

1.映像授業を受ける習慣を付ける

映像授業は一度教室に入ったら授業が終わるまで集中しなければならないという環境を作ることができないため、まずは自主的に映像授業を受ける習慣を付ける必要があります。

映像授業の最大のデメリットともいえるのが、いつでも授業を受けられるという部分から後回しにしてしまうということですが、毎日少しづつ映像授業を受けるなどの習慣をつけておけば自然と映像授業を自主的に受けれるようになります。

習慣化するまでの期間には個人差がありますが、一般的に1ヶ月〜3ヶ月ほどで習慣化できることが多いため、まずは意識的に映像授業を毎日受けることを心がけてみるといいでしょう。ただし、親御さんなどから強制されて映像授業を受けても内容を吸収することができず、”ただ映像をみている”だけの状態になってしまうため、あくまで自主的に映像授業を受けることが大切です。

毎日最低3講座は見る!20時〜は映像授業の時間!などと数字を使った計画を立ててみましょう!

2.何度も同じ映像授業を見る

2.何度も同じ映像授業を見る

映像授業はあなたのペースではなく録画された内容が流れているだけですので、分からない部分は何度も見返したり、映像を止めて考えたりすることが大切です。

分からない部分をそのままにしてしまうと、そもそもどこが分からなかったのか分からなくなってしまったり、分からない部分の映像授業を探すのが難しくなってしまいます。

そのため、分からない部分がある場合はそのまま映像授業を見続けるのではなく、その場で納得するまで映像を見返すことが効果的です。この部分は対面授業にはない映像授業だけの大きなメリットとなるため、活用しない手はありません。

わかっている箇所は倍速で見て、分からないところに時間を使うようにしましょう!

3.疑問点を質問できる環境を作る

3.疑問点を質問できる環境を作る

コロナ禍以降、映像授業を提供する学習サービスが増えてきていますが、映像授業だけを配信して質問できる講師がいないというサービスも多いです。

しかし、映像授業では疑問点を解決しなければ次の授業に進んでもどんどん理解が追いつかなくなってしまいますし、なにより学力が向上しない原因となってしまいます。

また、疑問点を解決しようと自分自身で調べることは時に非効率になることがあります。効率的に学習するためにも質問できる講師の存在は大切です。このように、映像授業と質問できる講師は基本的にセットと考えておき、もしどうしても講師のいない映像授業を受けたい場合は、家庭教師や学校の先生など、すぐに質問できる環境を整えておくことが必要となります。

完全な独学には限界があるので、質問できる環境を整えておくのは最重要項目です!

4.PCで受けるなら、スマホを近くに置いておかない

4.スマホを近くに置いておかない

映像授業では他人や講師の目を気にせずに授業だけに集中できるという大きなメリットがある一方で、スマホをいじっても誰からも注意されないというデメリットもあります。

スマホを近くに置いておくと、通知で画面が明るくなって集中力が散漫になってしまったり、ついついSNSを見てしまったりする場合もあるため、映像授業中はスマホを近くに置いておかないという基本的なことが意外と大切です。

完全な独学には限界があるので、質問できる環境を整えておくのは最重要項目です!

まとめ

本記事では、映像授業のデメリットと効果的に勉強するための解決策について詳しく解説しました。

映像授業を効果的に学ぶことで、自分のペースで効果的に学習することができますが、いくつかのデメリットもあるため、しっかりとデメリットに対する解決策を知っておくことが大切です。

デメリットの解決策を実行することで、より学習効率が高くなるため、効果的に学習できること間違いなしです。ぜひ本記事を参考にして映像授業を効果的に受けてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事の目次