「国語」にも役立つ?英語ディベートが秘める力

本記事も、「大学生英語即興ディベート界隈」に所属しており、複数回「高校英語即興ディベート界隈」に参加した有識者の方に執筆していただきました。英語ディベートって何?という方は以下の記事を先にご覧ください。

あわせて読みたい
話題の競技ディベートって何?受験には役立つの? 【論破が目的ではない「競技英語ディベート」とは?】 みなさんは、ディベートをご存じでしょうか。ざっくりと説明すると、ある議題に対して、賛成と反対に分かれて議論...

筆者の経歴

Tasuku Arai
芝浦工業大学大学院 修了

2016年~2020年:
当時アジア最大規模 国際基督教大学英語部?主宰ICU T ベスト8決定審査員
および国内決勝トーナメント審査員または招待審査員12回

2023年:
慶応義塾大学英語ディベート部主宰Keio debate open 準優勝/決勝戦トーナメント初参加者部門賞 受賞

はじめに、国語では、どのようなことが重要なのでしょうか。1つずつ見ていきましょう。

①読解力

問題文や長文を正確に理解する能力です。これは、特に読解問題や問題文をしっかりと読む力のことです。正しく文章を認識できなければ、問題をただしく解くこともできません。このことから、読解力は重要です。

②語彙力

幅広い単語を知っていて、適切に使用する能力です。1つ目として、幅広い単語を知ることなしに、長文を正しく解釈することができません。また、小論文でも表現しようとした文章が、異なる意味を持つ文章になることもあるかもしれません。このことから、語彙力は重要です。

③文法知識

正しい文法規則を理解し、適用する能力です。文法を理解していなければ、文法問題や小論文で点数を落とすことがあります。このことから、文法知識は重要です。

④論理的思考力

文章の主張や構造を理解し、論理的に考える能力です。この思考がなければ、長文で高得点を取ることが難しいですし、綺麗な小論文を執筆することも難しいです。このことから、論理的思考力は重要です。

それでは、英語ディベートをすることは、国語の点数をあげることにどのように役立つのでしょうか。

英語ディベートと国語の関係

英語ディベートでは、どのようなことを学ぶことができるのでしょうか。はじめに、勉強に飽きて継続できない人が、ある意味アクティングラーニングで英語ディベートは飽きにくいことを前提に、1つずつ見ていきましょう。

①読解力

「正しく文章を認識できなければ、問題をただしく解くこともできません。」と記載しました。英語ディベートでは、口頭ですが、たくさんの英語が飛び交います。その文量は、国語の長文量を遥かに超えます。受験の暗記に飽きた学生が、勝ち負けを決める楽しさから、多くのロジカルな口頭での文章に触れるため、どんどんと読解力にも影響を与えることが期待されます。

また、勝ちたいというモチベーションから、普段リサーチを行うでしょう。このことから、やらされている受験勉強よりも多くのニュースや論文から文章に触れる機会が多くなる可能性があります。

②語彙力

「1つ目として、幅広い単語を知ることなしに、長文を正しく解釈することができません。また、小論文でも表現しようとした文章が、異なる意味を持つ文章になることもあるかもしれません。」と記載しました。こちらも、勝ちたいというモチベーションからニュースや論文を見るだけでなく、インターネットの動画から、様々な語彙力を身に着ける可能性があります。

③文法知識

「文法を理解していなければ、文法問題や小論文で点数を落とすことがあります。」と書きました。英語ディベートの上級者は、もともと勉強ができると想定して、勉強が苦手な人をターゲットに書きます。

英語ディベート入門者は、英語を話すことがそもそも難しいと思います。そのため、中学英語を勉強しなおして、端的に伝えることを目指す人が多かったです。大筋は、国語も英語も気を付ける必要のある考え方は被っていることから、日本語の文法理解に繋がることが期待できます。また、リサーチでも、たくさんの日本語文を読むことが考えられるため、文法理解が深くなる可能性があります。

④論理的思考力

「論理的思考がなければ、長文で高得点を取ることが難しいですし、綺麗な小論文を執筆することも難しいです。」と記載しました。ここでは、相手や審判から、論理的に話してないと、自身の思うことが伝わりません。勝負に勝ちたいモチベーションがあれば、それが悔しいはずです。そこで、論理的に伝えるために、「PREP法」などを気に掛けるはずです。このことから、論理的な話し方ができるように繋がり、それに伴って論理的思考力も向上することが期待できます。

このように、英語と国語であっても、様々な良いことがあります。是非、英語ディベートをはじめてみるのはどうでしょうか。

今回は以上になります。以下の記事でもディベートと受験の関係をご紹介しています。是非ご覧ください。

あわせて読みたい
英語ディベートが受験に役に立つ7つの理由。 近年話題の英語ディベート。部活としての活動に留まらず、中高の授業の中でも取り入れる例が増えています。 そんな英語ディベートですが、受験にはどのような形で役立つ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA